医療機器

日本メドトロニック、新しい脳深部刺激システム「Percept PC」が保険適用に

微弱な電気刺激でパーキンソン病などの症状を改善

日本メドトロニック株式会社(以下、日本メドトロニック)は、「メドトロニック Percept PC」(以下、Percept PC)が、2020年12月より保険適用となったことを発表しました。

脳深部刺激療法(以下、DBS)は、小さなペースメーカのような機器を前胸部皮下に植え込み、脳深部に留置した電極から微弱な電気刺激を送ることで、パーキンソン病をはじめとする神経変性疾患の運動症状である手足のふるえや体の動かしにくさを改善する治療法です。

Percept PC は、従来の脳深部刺激に加え、脳波の一種である局所フィールド電位(以下、LFP)を長期的に測定・記録することができる BrainSense機能、および、BrainSense機能で測定したLFP強度の変化に応じて医師が設定した範囲内で刺激出力を自動調整する機能であるaDBS機能を搭載しています。

これにより、パーキンソン病の運動症状と相関することが報告されている、脳内におけるLFPの変化を検知し、症状が出ていると考えられるときには刺激の出力を上げ、逆に、症状が出ていないときには出力を下げるなど、症状の変化に関わらず一定の持続的刺激を行っていた従来のDBSに比べ、より患者の状態に応じた治療を実現できる可能性があります。

小型化・薄型化、電池交換計画も立てやすい

Percept PC は、ヨーロッパで2020年1月より、アメリカでも7月より販売開始しましたが、BrainSense機能のみに限定されており、aDBS機能については、2020年12月現在世界で日本でのみ薬事承認されています。

さらに、Percept PC は、従来の1.5Tの条件付き全身撮像に加え、DBS治療の分野では初めて、3Tの条件付き全身撮像にも対応しています。

また、人間工学に基づいて丸みを帯びたデザインとなり、小型化・薄型化するとともに、機器の具体的な電池寿命を予測するスマートバッテリー機能により、電池交換の計画が立てやすくなると考えられます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本メドトロニック株式会社 プレスリリース
https://www.medtronic.com/

関連記事

  1. QDレーザ、医療用ヘッドマウントディスプレイ「RETISSAメディカル…

  2. がんリスク検査サービス「miSignal」、2022年2月より提供へ

  3. オリンパス、呼吸器インターベンション分野の医療機器メーカーと買収契約を…

  4. うつ病向けVR共同研究にて、うつ改善と安全性を認める。ジョリーグッドが…

  5. ナユタが医療機器用リチウム蓄電装置「ME3000」をリリース

  6. CYBERDYNEの医療用HAL、シンガポール保健科学庁より医療機器の…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP