IT

ツインデミックを回避。AIを活用した「感染症予報サービス」、提供開始

日立社会情報サービスが提供を開始

株式会社日立社会情報サービスは、2020年12月4日、『感染症予報サービス』の提供を開始したと発表しました。

同サービスは、流行予測AIを活用することでインフルエンザの流行状況を予測し、その情報を配信するというもの。「ウイルスと共生する社会」において自律的な判断に有益なサービスとなっています。

『ORCAサーベイランス』のオープンデータを活用

インフルエンザなどの感染症は、医療費や共働き家庭の負担を増大させる点で、極めて大きな影響を社会に与えます。こうした社会課題の解決を目指す同社は、従来の「罹患してから対策を講じる」ではなく、流行の早期把握と予防が需要であると判断。そのためのサービスとして、『感染症予報サービス』を開発するに至りました。

同サービスでは、地域それぞれにおける4週間先までの感染症罹患者数を、流行予測AIによって予測します。この予測は、『ORCAサーベイランス』のオープンデータを中心として、各種データを組み合わせる形で行われるもの。利用する民間企業・自治体は、きめ細かな予報を配信することが可能です。

感染防止のベースとなる対応を支援

2020年から2021年にかけての冬期は、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行すなわち「ツインデミック」の発生が危惧されています。医療現場の逼迫を回避するためにも、同社は『感染症予報サービス』により感染防止のベースとなる対応を支援するとのことです。

なお『感染症予報サービス』が現在対象とする感染症はインフルエンザですが、今後は順次拡大される予定となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

流行予測AIを活用した『感染症予報サービス』を提供開始 – 株式会社日立社会情報サービス
https://www.hitachi-sis.co.jp/newsrelease/2020/201204.html

関連記事

  1. 凸版印刷、感染症情報管理アプリ「PASS-CODE」提供開始

  2. ダイコーの抗原検査キット、結果管理アプリで医師への相談サービスを開始

  3. 遠隔医療相談アプリ「LEBER」、全日本ピアノ指導者協会との間で利用契…

  4. 茨城県が自宅療養者向けに医療相談アプリ「リーバー」を提供

  5. LINEがオンライン診療サービスの現在の認知率や利用率、今後の流行予想…

  6. FRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIシステム」の臨床試験を開始…

無料ニュースレター登録

最新記事を週1回まとめてお届けします

過去のニュースレター一覧はこちら

PAGE TOP