IT

AMI、医療従事者の情報収集をサポートするAMIカレンダー(β版)をリリース

最新の医療情報・学会情報を集約・整理可能に

AMI株式会社(以下、AMI)が、医療従事者の情報収集をサポートするAMIカレンダー(β版)をリリースしたと、12月3日に発表しました。

AMIは「急激な医療革新を実現する」をミッションに掲げ、様々な医療機器の開発と、遠隔医療サービスの社会実装を目指す研究開発型のスタートアップ企業です。

今回、同社設立前に代表取締役CEOの小川 晋平氏が、2015年に旧名「ドクターカレンダー」として開発し、現在まで一部の医師に利用されてきたものを、ほかのカレンダーとの連携を可能にするなど、一部機能を追加してAMIカレンダー(β版)として一般公開しました。

連携以外にもGoogleカレンダーへの追加も可能

AMIカレンダー(β版)を利用するには、サインイン画面にアクセスし、医師は「医師新規登録」を、医師以外は「医師以外新規登録」を選択。登録フォームに必要事項を入力することで、お気に入りの学会やコミュニケーションの選択が可能となります。

個人カレンダーとの連携のほかにも、Googleカレンダーへの追加も可能。追加する方法は動画で解説されています。利用料金は無料です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

AMI株式会社 プレスリリース
https://ami.inc/news/ami_calendar

AMI株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000036655.html

関連記事

  1. ワークスモバイル、地域医療と介護事業者のマッチングプラットフォーム

  2. デジタルヘルスケアサービス「フォーネスビジュアス」、サブスクで提供

  3. ノーススターと国際自動車、救急病院までのタクシー配車サービスを開始

  4. リーバー、医療相談アプリ「LEBER」に「デジタルワクチン手帳」機能を…

  5. ドクターズ株式会社、大阪府へオンライン医療支援プラットフォームDoct…

  6. 眼表面疾患の診断を補助、AI insideらがAIシステムの研究を開始…

最近の記事

PAGE TOP